Flutter notes

Flutterに関するメモ書き

時計の読み方アプリで吹き出しが切れる問題

以下のエントリで作ったアプリですが、吹き出しが少し切れて残念になっていました。 現在、このビューはColumnを使って並べています。 Columnを使ったまま吹き出しのみをオーバーフローさせるのは難しそうです。 Stackに書き換えて並べればできそうですが、…

Flutter for Webを動かしてみた

Google I/O 2019にて、Flutter for Webが発表されました。 多くの人が「やってみた」記事を書いてることと思いますが、それは見ずにあえて自分でもやってみようと思います。 Flutter SDKのバージョンアップ at least v1.5.4 v1.5.4以上が必要ということなの…

CustomPaintを使って図形を描く

前回、Creative Coding的なものをやる手段の1つとしてゲームエンジンをあげました。 ゲーム的な機能が不要であれば、Canvasに図形を描く単純な方法もあります。 例えば、以下のコードをlib/main.dartに書くと、 import 'package:flutter/material.dart'; voi…

Flutter用のゲームエンジン

Creative Coding、Generative Artみたいなものをやりたかったので調べました。 p5の移植版などがあればそれが楽ですが、まだそういうものはなさそうなので、ゲーム用フレームワークを代替として使おうという魂胆です。 現状、以下の2つが有力っぽい。 Google…

時計の読み方アプリに「あと何分?」モードをつけた

以下の記事で作った時計アプリ。 我が子が今マスターすべきは「時計を見てあとどれぐらい時間があるのか把握する」というスキルなので、そのモードを追加しました。 今回は以下のようなクラスを使いました。 TabController TabBar TabBarView Expanded ソー…

時計の読み方アプリをさっくり作る

Flutterはちょっとしたアプリをサクッと作るのにとても良いです。 ストアに出そうとするといろいろ作業が発生して途端に面倒になる(Flutterのせいではない)のですが、個人的に使うようなアプリは本当にストレスフリーに作れます。 今回は子供用の時計の勉…

Fluter入門時に読んだもの

普段は形から入るタイプ(?)なので、新しいことをやる時はいろいろ本や記事を読み漁ってから始めます。 ただ、今回はコンテストの提出期限まで1ヶ月しかなく、5120バイトのサイズ制限に時間を取られることが予想されたので、最低限の情報だけ読んで進める…

Flutter notes始めました

Google製のクロスプラットフォームアプリ開発ツール、Flutter。 2019年2月末に、[Flutter Create](https://flutter.dev/create]というコンテストがきっかけで使い始めました。 (それまでも興味はあったけど触れていなかった) iOS開発の癖でiOSシミュレータ…